美術・デザインの教育事業

デザインスキルつけたい広報担当者や学生、絵をうまく描きたい児童をサポート

頭の中でイメージしたことを相手に伝えたり、感じたことを具体化するには美術的なスキルが必要です。観察したり絵を描くことを通して、「伝える力」をつけるワークショップを企画・提供します。また、職場にIllustratorやPhotoshopを導入したけれど、使うのはデザインの確認ぐらいで十分に使いこなせていない会社や、デザインデータ修正を自分で行いたい方のサポート・スキルアップのお手伝いをします。

プログラムと費用の例について

★記載するプログラムと料金はあくまで一例です。学びたい方のご希望に合わせて組むことができます。
遠慮なくご相談ください。
★DTP(デジタルデザイン)を学びたい方はIllustrator・Photoshopなどをお持ちの方が対象となります。
基本的にご自身のパソコンでの授業となります。※パソコンを貸し出す場合には台数、バージョンに限定がございます。★アナログのデザイン学習やWEBの

記事を書くコツの講習会、アートの体験など、パソコンやグラフィックソフトが必要ないプログラムもございます。
【例1:通学 (厚木市小野)】
通える方は車や自転車、公共交通機関などで弊社オフィスまでお越しください。(駐車場あり)
《費用の例》
●初回 約30分オリエンテーションなど + 90分基本トレーニング(レベル確認など) プログラム費 4000円 + 教材・施設費など 1000円 = 5000円 (税別) ※スタートキャンペーン 20%OFF 4000円〜(税別)●2回目以降 ※基本60分2コマセットでのご提供です。 プログラム費 4000円×2コマ + 教材・施設費など 1000円〜 = 9000円〜(税別) ※スタートキャンペーン20%OFF 7200円〜(税別)〈グループでのお申込みは人数に応じて割引があります〉【例2:個別指導・出張事業】
仕事場やご自宅で学びたい方は、講師が伺ってプログラムを提供します。
お近くの貸スペースやコワーキングスペースで行う場合には施設費用が別途必要となります。
※エリアによって出張費が異なります。
《費用の例》
●初回 約30分オリエンテーションなど + 90分基本トレーニング(レベル確認など) プログラム費 6000円 + 教材・施設費など 1000円 = 7000円 (税別) ※スタートキャンペーン 20%OFF 5600円〜(税別) +出張費加算●2回目以降 ※基本60分2コマセットでのご提供です。 プログラム費 5000円×2コマ + 教材・施設費など 1000円〜 = 11000円〜(税別) ※スタートキャンペーン 20%OFF +8800円〜(税別) +出張費加算〈複数名でのお申込みはプログラム費用割引があります〉 

お問い合わせからサービス提供まで

【お問い合わせ】
このWebサイトのフォーム               または、お電話(046-250-1009)で どうぞ。
※詳しく決まっていなくても結構です。
【ご相談(ヒアリング)】
デザインで困っていることや解決したい課題、学びたい内容や目標などをお話しください。希望に合わせてオリジナルコンテンツを検討します。個別指導やグループへの研修も承ります。
【ご提案・お見積り(概算)】
ご相談しながら内容や期間を検討して提供するプログラムをご提案します。

 

対 象

会社・団体・飲食店・ショップの広報・宣伝部や営業ご担当者・デザイナーを目指す学生・絵をうまく描きたい児童など

「美術・デザインの教育事業」プログラムの例

●DTP系

【初級-01:名前(店舗名など)を元にしたマーク入の名刺をつくろう】 ①アウトライン化した文字を変形したり、図形を加工してオリジナルのマークをつくる。 ②名前や電話番号を入力して名刺やカードをデザインする。 ③プリントアウトして名刺サイズにカットする。 ※Illustratorを使用。

【初級-02:デジカメ撮影した写真を使って自分が2人いるユニークな写真をつくろう】 ①同じ場面に自分が2人居るシーンを想定して、アイデアスケッチと撮影場所を決める。 ②カメラを固定して、違うポーズで2カット自分を撮影する。 ③2枚の写真を合成して不思議な写真を作詞する。 ④カードやはがきにプリントアウトする。 ※Photoshopを使用

【初級-03:季節のグリーティングカードをつくろう】 ①デジカメで撮影した使いたい写真を持参していただき、イラスト素材などと組み合わせる。 ②文字を入力して暑中見舞いやクリスマスカードなどをデザインする。 ③はがきにプリントアウトする。 ※PhotoshopとIllustratorを使用

【中級-01:イラストの基本、ベジエ曲線をマスターしよう】 ①簡単な直線や曲線の下絵をトレースして基本をマスター。 ②基本図形を変形させて切り絵のようなイラストを描く。 ③自分で描いたイラストなどを下絵に取り込んで、トレースする。 ※Illustratorを使用【中級-02:写真加工の基本マスクとレイヤーを使いこなす】①デジカメで撮影した写真の簡易補正について学ぶ。 ②解像度とメディアによるRGBやCMYKの違いを理解する。 ③マスクによる切り抜き作業とレイヤー(透明部分)をマスターする。 ④ぼかしと半透明を使った写真合成について。 ※Photoshopを使用

【上級-01:チラシのデザインをリニューアル】 ●既存の印刷物を再レイアウトすることで「デザイン思考」を身につける。 ※PhotoshopとIllustratorを使用

 

●アナログ系

【初級-01:雑誌の写真をコラージュして2つ折りカードをつくろう】 ①見やすいレイアウトの基本をレクチャー。 ②持参した使いたい写真や雑誌などの素材を元にアイデアスケッチする。 ③素材を切り貼りしてレイアウト。(場合によってはカラーコピーでサイズを調整) ※ペーパーセメントやカッターを使用

【初級-02:モノトーンのイラストで消しゴムはんこをつくろう】 ①文字や図柄をつかって1色のイラストを描く。 ②元のイラストを反転して消しゴムに転写。 ③デザインナイフや彫刻刀で凹面部分を彫る。 ④スタンプして紙に転写して確認し、微調整して完成。 ※カッターや彫刻刀など

【初級-03:身近な文具や画材を使ったスケッチ】 ①描くことについて簡単なレクチャー。 ②ボールペンや色ペンを使って身の周りのものや風景を描く。 ③完成したスケッチを観て、講評やアドバイス。 ※スケッチブック、使いたい画材や筆記用具。

 

●デザイン力をつける

【中級-01:WordやEXCELでもできる広報誌のデザイン】 ①見やすいレイアウトやデザインの基本をレクチャー。 ②文字組や書体の違いによる効果的なレイアウト。 ③色によって変化する印象や意味を考える。 ④PDF や入稿用データの作成。 ※PC( Microsoft Office)を使用

【中級-02:PCのテキストや手描きのイラストや切り貼りして新聞をデザイン】 ①レイアウトの基本フォーマットを考える。 ②タイトルや本文を文字打ちしてプリントアウト。 ③イラストや写真をコピーなどしてサイズを調整する。 ④台紙に切り貼り(面付)して完成。 ※PC( Microsoft Office)をペーパーセメントやカッターを使用